伝統的工芸品と組合について

伝統的工芸品とは

mark経済産業大臣指定伝統的工芸品の指定用件。
1.主として日常生活の用に共されるもの。
2.製造過程の主要部分が手工業的。
3.伝統的技術又は技法によって製造。
4.伝統的に使用されてきた原材料。
5.一定の地域で産地形成~100年以上、
 又は30人以上の従事者をもつ産地。

大阪宗教用具商工協同組合について

地域団体商標 登録番号5062776号
・「大阪仏壇」の名称は組合加盟員のみが使用でき、他人の使用は法的に規制されます。
・基本は主な部分を大阪で製作されたもので、検査の結果認定をされたもの。
・検査結果、認定書及び認定証紙を発行。
・地域ブランドPRポスター・仏壇処の冊子の発行

組合加盟員ページ

内容を検討のうえ掲載致しますのでご相談ください。
情報発信ご希望の方は事務局あてに申し出下さい。
◇株式会社銭辰堂
sample

2016/07/07